為替市場は世界最大の金融市場で、1日におよそ150兆円以上も の取引が行われているといわれています。

これらは、世界各国の主要銀行を中心に形成されている「インターバンク市場」にて相対で取引されているわけです。

この取引規模は、株式市場の比ではない ですね。FXはその為替取引の中の一部として取り扱われています。

世界の外国為替市場の中では、ニューヨーク、ロンドン、東京が3 大市場といわれています。
その他には、シカゴ、トロント、ロサン ゼルス、サンフランシスコ、ロサンゼルス、パリ、シドニー、ウエ リントン、シンガポール、香港、バーレーン、フランクフルト、などの市場があます。そして、これらの市場がそれぞれの時間帯に開くので、24時間取引が可能となっています。

1日の始まりは、ニュージーランドやオーストラリアなどのオセアニア市場で、続いて東京、香港などのアジア市場、夕方からはロンドンなどのヨーロッパ市場が始まり、夜になるとニューヨーク市場が始まります。

24時間取引が可能なFXですが、取引が活発に行われるのは、その経済規模の大きいヨーロッパ市場とニューヨーク市場が同時に開いて いる午後9時以降の深夜帯です。

したがって、為替レートも一番活 発に動きます。

FXで好まれる通貨

FXで扱われる通貨は、FX業者によって異なり、多い場合は 実に100種類を超えます。
しかし、われわれ個人投資家がFXで扱う通貨は、多くの場合、10種類以下に限られており、下記の通貨がメジャーどころで好んで取引されています。

米ドル: USD

現在の為替市場の基軸通貨です。

流通量も世界最大。世界三大通貨 (USドル・ユーロ・円)のうちの一つで、アメリカ国内の流通だけ でなく、国際業務決済、石油取引など、さまざまな取引がドル建てで行われているため、その役割は自然と大きなものとなっていま す。

アメリカの財政や軍事などのニュースが為替相場にも大きく影響します。
また、いくつもの通貨が実質的に米国ドルと連動しています。

米国は、世界第1位の経済大国で世界経済を引っぱっている国でもあります。
金利政策も機敏で、その動向は、世界の通貨にも影響を与えます。
ただ、財政面・貿易面に対する赤字の幅が拡大しつつあり、通貨への信頼性が次第に低下する傾向にあります。

米国については日本でもさまざまなニュースなどで情報を知ることができるため、FX為投資においても、一番投資しやすい身近な通貨と言えます。

カナダドル: CAD

通称で、キャンドル、ルーニーと呼ばれています。
経常利益黒字 国で、原油・木材などの資源国でもあるカナダは、主要輸出国である米国の経済に左右されやすい傾向があります。

カナダ経済は、良好で値動きも安定していて「優良通貨」と呼ばれています。
金利は米国よりも低めですが、成長性は期待でき、安定した通貨と言えるようです。

ユーロ: EUR

1999年にヨーロッパで誕生し、世界三大通貨(米国ドル・ユーロ・ 円)のうちの一つです。
米国ドルに続き、第2の基軸通貨です。

ユーロ圏(12カ国)で使用されている共通通貨です。
米ドルに次いで取引されている通貨です。
ユーロ圏の総人口、GDP、貿易高など がアメリカにも匹敵しているため、米ドルに次ぐ基軸通貨となるとも言われています。

ただ、導入国の経済状況に大きな格差があることが不安要素といえるでしょう。

円: YEN

われわれの円もまた、世界三大通貨(米国ドル・ユーロ・円)のうちの一つです。

日本は米国に次いで世界第2位のGDP国であり、世界1位の対外債権保有国でもあります。

そのため、為替市場に与える影響は大きく、またアジアを代表する通貨でもあります。
しかし、最近では、成長著しい中国人民元の話題などにも影響されやすい傾向があります。

ポンド: GBP

通称、スターリングと呼ばれています。

第二次世界大戦前の基軸通貨でした。
1日に1円以上もレートが動く事もあり、値動きが大きいのが特徴です。
米国ドルと反対の動 きを示す傾向が強いようです。ユーロと似たような値動きをする場合もあります。

高金利で短期的な値動きが大きく、投資対象としてはハイリスク・ ハイリターンに分類される通貨です。
ユーロと似たような動きをし ますが、流動性が低いため値動きが激しいのです。

投機筋が好んで取引をする傾向があります。

イギリスが産油国であることから、原油の価格にも大きく影響を受けます。

オーストラリアドル: AUD

通称、オージーと呼ばれています。

高金利で日本で人気の高い通貨です。
オーストラリアは鉱物資源も豊富で、今後はアジア諸国との貿易機会も拡大すると言われ、継続 的な成長が見込めると言われています。

ただし鉱物資源の輸出状況によりレートが左右されやすい傾向があります。
米国ドルとは反対の動きを示すことが多く、値動きも大き い傾向にあります。
慢性的な経常赤字国ですが、財政赤字体質からは脱却しています。

ニュージーランドドル: NZD

通称、キウイと呼ばれています。 

オーストラリアドルと同じく、高金利で日本でも人気のある通貨です。
オーストラリアが最大の貿易国であることから、オーストラリ アドルと似た値動きをします。

しかし、経済規模が小さく通貨の流 通量が少ないことと、慢性的な赤字体質が根底にあるため、オース トラリアドルよりは高金利ではありますが、信頼性に欠ける感は否 めません。