FXとは

FXとは、Foreign Exchangeの略で、日本語では外国為替証 拠金取引と言います。

金融ビッグバンによって1998年に外為法が大幅に改正されたこと で、個人には縁遠かった外国為替取引が身近なものとなりました。 それまでは、認可を受けた銀行を通じてしか為替取引をおこなうこ とができませんでしたが、それ以降、一般人でもFX(外国為替証拠 金取引)を通して直接為替取引ができるようになったのです。

それではこのFX(外国為替証拠金武取引)とは、いったいどういう ものなのでしょう?一言で言うと、米ドル、ユーロや円など、世界 中の異なる2つの通貨同士を交換するやりとりのことです。

通貨の売買によって交換値段が決められ、すなわち為替で儲けると いうことは、『ある通貨の売り買いの値段の差額を得る』ことを指 します。また、2つの通貨間の金利差による差益を得ることも指し ます。

FX(外国為替証拠金取引)は、日本ではまだ歴史が浅く、最近では 鰻登りの人気となっていますが、欧米では以前から行われている投 資法の一つです。

FXの証拠金とレバレッジ

FXは、その名前の通り、証拠金取引です。保証金と言って いるFX業者もいます。

レバレッジをかけて、FX業者に預けた証拠金よりも大きな額を投資 することができます。例えば、 10万円の証拠金(保証金)を業者 に預けて、レバレッジを10倍とすると、100万円分のドルを購入す ることが可能です。つまり、10倍の投資をしていることになりま す。

このレバレッジがFXの最大の魅力で、大きく利益を得ることができ る仕組みです。但し、レバレッジをかけたときい、値下がりしてし まえば、そのマイナス分にもレバレッジが効きますから、ハイリス ク・ハイリターンの投資法と言えます。慣れないうちは、大きなレ バレッジをかけた投資は控えるべきでしょう。

例えば、1ドル=100円のときに10万円を証拠金として100万円分の ドル=1万ドルを購入した

とします。これが10円円安となって1ドル 110円となった場合は、
  1万ドル×10円=10万円

となり、10万円の利益になります。

しかし、これが逆に働いた場合は大変な事になります。つまり、円 高に振れて1ドル90円となった場合は、

  1万ドル×-10円=-10万円

すなわち10万円の損失となり、証拠金が全額無くなってしまうわけ です。