「FXトレンドシステム」をご紹介します。

FXトレンドシステムは私が2007年中頃からモニターを務めたFXシステムトレードツールで期間中のサブプライムショックなどの相場急落時も着実に結果を出し続けた再現性100%のトレードツールです。

モニター期間の好成績はもちろんですが、過去10年間に遡ってみても、その時々の相場動向に流されることなく安定的に利益を出し、資産を増やし続けてきた実績を持ちます。

FXトレンドシステムの概要

FXトレンドシステムは建てたポジションは24時間以内に決済する短期トレード型で、かつ1日の大きな流れを見極めそれに乗るトレンドフォロー型という特徴を持ちます。

「短期」かつ「トレンドフォロー」という類を見ない独自性の強いロジックです。

具体的にはテクニカル計算を基にしたA-SIGNAL、B-SIGNALが付属のツールにより自動算出され、それに従い指値注文を入れるだけで作業は終了です。

つまりA-SIGNAL、B-SIGNAL の算出値が過去の統計から非常に精度の高いポイントとして設定できているということです。

また1日以上ポジションを保有することがないためリスクが限定的であるのもFXトレンドシステムの特徴です。

モニター期間のデモ取引の結果

デモ口座を用いて100万円からトレードを始めて約4ヶ月間売買をしました。

朝から5分程度で全ての取引注文が完了するので面倒さはありません。
以下はFXトレンドシステムのA-SIGNALとB-SIGNALのデモ取引結果です。

(使用通貨) GBP/JPY

(営業日日数) 91営業日

(A-SIGNALサイン点灯回数) 37回

(A-SIGNAL売買結果)  23勝14敗

(B-SIGNALサイン点灯回数) 17回

(B-SIGNAL売買結果)  12勝5敗

(合計取引回数)  54回

(トレード方法) 取引数量を5万通貨に固定した単利運用

(デモ期間総利益) 92万6787円

上記の結果でA-SIGNALのサイン点灯回数が37回とB-SIGNALの17回に比べて回数が多いのがわかりますが、これはB-SIGNALの方がより強いトレンドが発生した場合にポジションをとるよう設定されているためです。

B-SIGMALが点灯した時は一日単位で非常に強いトレンドが出た日ということになりB-SIGNALと併せてA-SIGNALで大きな利益が見込まれます。以下はデモ取引期間の資産総額の推移のグラフになります。

初期投資額100万円でスタートし一時はドローダウンがあったものの期間を通して着実に資産を増やすには192万6787円まで達しました。

これは単利運用での結果です。

本来、複利運用ならば資産額の増加に応じてポジション量も増やしていくので9月時点は5月時点より約2倍近い取引数量でポジションを建てることになります。

もし複利運用をしていれば192万6787円以上の結果が出ていたことになります。

FXトレンドシステムの優位性

1日5分もあればトレードの設定が完了するという簡単さや、A-SIGNAL・B-SIGNALは付属のツールで自動算出されるので誰が取引しても同じポジションが建てられるという再現性の高さはもちろんですが、実際に使っていて一番感じたのは中長期的な為替相場のトレンドに影響を受けにくいということです。

FXトレンドシステムが相場の下落の影響を受けることなくそれまでと同じように利益を重ねる理由として私のデモ取引の経験から2点挙げられます。

1つはFXトレンドシステムは必ず24時間以内に建てたポジションを決済する仕組みになっており各ポジションが長期的なトレンドを受けにくいということ。
そしてもう1つはA-SIGNAL・B-SIGNALの算出ロジックとその使用方法が一方的な下落相場を回避できるような設定になっているということです。後者は私がFXトレンドシステムを使いながら同システムの最大の優位性と感じた点です。

私はメルマガやブログでFX情報を配信していていることから多くのシステムトレーダーの方にレビューの依頼を受けます。その殆どは私の目から見て実際に使えない内容ばかりです。最もありがちなのは検証期間が短いことです。

例えば最近ではドル円でのトレードで過去2年半のデータを論拠とする内容のものがありましたが、2年半の期間内は機能するものの私が設定を変えてバックデートすると使えなかったりします。

これは2年半前のドル円レートが100円付近の水準で明らかに為替相場が味方して成り立ったロジックだからなのです。

そういう意味で私が記事の中でシステムトレードをご紹介する際は実際に見て、使って内容を評価できるものしかレビューしないようにしています。

今回ご紹介したFXトレンドシステムは信用性の高いロジックを誰もが再現できるように簡略化されたツールで、何より過去10年どんな相場でも勝ち続けてきたことを評価してレビューを書かせて頂くことにしました。

ロジックの論理性、実際に私自信がデモ取引を通してツールを利用した感覚、またサブプライムショックという相場の大きな激動期にも関わらず着実に利益を重ねていった信用性などを高く評価して、皆様にFXトレンドシステムを自信をもってお勧めします。