日本国内のFX業者は金融庁の監視下にあります。
そのため、レバレッジ規制の影響を受け、ゼロカットを導入することが出来ません。

金融庁の監視下にあることは、全て悪いことではありませんが、顧客にとっては都合の悪いことも多いです。

特に重要なのがレバレッジとゼロカット。
海外業者なら数百倍のレバレッジまでが利用できるのにもかかわらず、国内業者では25倍までなのが現実です。

さらに、急激な変動があったときも証拠金以上は取られないゼロカットシステムも、海外業者だけが出来るシステムです。

国内業者が優れている点

国内業者が優れている点は大きく二つあります。
それが税制とスプレッドです。

税制

国内業者で取引した場合の利益は、株式と同じく分離所得になります。
つまり、税率は約2割程度で済むのです。

ですから、大金を稼ぐ人ほど国内業者の方が税制的に有利です。

スプレッド

国内業者内でのスプレッド競争が激しいため、国内業者のスプレッドは狭いです。
これは海外業者と比較してもはるかにやすく、大体半分くらいのスプレッドです。

海外業者が優れている点

海外業者が優れているのは前述したようにゼロカットとレバレッジです。

この二つを組み合わせれば、少ない証拠金で大きく取引することができます。
しかも証拠金以上は取られないので、大勝負も可能です。

海外業者はあまり信用できない・・・というひとであっても、少しの証拠金を入れて、利益が出たらすぐに出金して・・・・を繰り返せば、それだけでも十分な利益が出せます。

レバレッジ500倍で取引したら、1万円で500万円の取引が出来ますので。
このように海外業者も使い方次第で国内業者よりも勝ちやすいのです。

海外業者は入金が面倒

ただ、海外業者のデメリットとしては入金が面倒である点が挙げられます。

国内業者であれば、ネットバンクで即時反映ですが、海外業者はクレジットカードでないと即時反映は出来ません。

ですから、カードがないひとにとっては、少し敷居が高いかも知れません。

それでも、デビットカード等にも対応していますので、ブラックの人でも問題なく取引できるかと思います。

私のオススメはXM

私が強くオススメしたい海外FX業者はXMです。
XMは信頼性も高く、約定力も高くて利用者の多い業者です。

特に勝ち組が多いのもXMです。
XMの入金方法は比較的簡単ですから、以下のサイトを参考にされるといいでしょう。

XMの入金方法

トレードで勝ち続けたいのであれば、海外FXを検討すべきですね。